【映画】『人生フルーツ』

February 3, 2017
【映画】『人生フルーツ』

(C)東海テレビ放送

「時間はかかるけれども何か見えてくるから、とにかく自分でやること」を大切に暮らしてきた老夫婦のドキュメンタリー。


舞台は愛知県春日井市の高蔵寺ニュータウンの一角にある、雑木林が目印の一軒家。建築家の夫・津端(つばた)修一さん(90)が、師のアントニン・レーモンドの自邸に倣って建てたものだ。


庭には70種の野菜と50種の果実。四季折々の実りで、妻の英子(ひでこ)さん(87)が食事を支度し、2人で味わう。障子紙を張り替え、餅をつき、お金は無くても、良い土を孫に残そうと、庭の土づくりに精を出す。


1960年代、日本住宅公団のエースだった修一さんは、開発地域の雑木林を生かし、自然との共生を目指したニュータウンを設計する。しかし時は経済を優先、理想とかけ離れた無機質な大規模団地が完成した。修一さんは、そこに土地を買い、家を建て、木を植え始めたのだ。それから半世紀。ある日、修一さんの元に、精神科を置く佐賀の病院から〝SOS〟が届く。


夫婦は自然のリズムに寄り添うように、時間をかけ、それぞれが自分に合う手仕事を、相手のために、こつこつと続けてきた。そうした日々の暮らしが確かな実を結び、また次の世代に種を継いでいくという、人生の味わいを伝えてくれる。


ナレーションは樹木希林さん。『ふたりの死刑囚』など秀作を送り出してきた、東海テレビのドキュメンタリー劇場第10弾。


ポレポレ東中野(東京)で上映中。ほか全国順次公開。詳細は公式ホームページ(http://life-is-fruity.com/)。

メールで配信
週刊ニュースレター(無料)登録は
「食べられるものとなられた方の思い」
みことばの黙想  6月18日
Play Now
再生できない場合は、ダウンロードしてお聞きください