【映画】『わたしは、ダニエル・ブレイク』

March 16, 2017
【映画】『わたしは、ダニエル・ブレイク』

(C)Sixteen Tyne Limited,Why Not Productions,Wild Bunch,Les Films du Fleuve,British Broadcasting Corporation,France 2 Cinéma and The British Film Institute 2016

労働者階級や移民など、社会的弱者の人生に寄り添う作品で知られる名匠ケン・ローチ監督が、引退表明を撤回してまで、「どうしても伝えたい物語がある」として製作。


死に物狂いで助けを求める人々への国家の残忍性に対する「怒り」がモチベーションになったという本作は、2016年のカンヌ国際映画祭で注目され、みごとパルムドール(最高賞)に輝いた。


主人公は、一人暮らしの英国人ダニエル・ブレイク、59歳。心臓発作のため、医師から大工の仕事を止められ、国から雇用支援の手当を受けている。数々の不条理な質問に耐えて手当の継続審査を乗り切るが、結果は、「就労可能、手当は中止」。職業安定所では、求職者手当の申請をするよう指示され、パソコンを使うことができないと伝えても、申請は「オンラインのみ」とバッサリ。


そこで彼は、2人の子を抱えたシングルマザーのケイティと出会う。引っ越したばかりで道に迷い、指定時間に遅れた彼女は、給付金を受け取れないばかりか、減額処分となる違反審査にかけると宣告されていた。


そんな2人の間に温かな友情が芽生えるが、ダニエルは制度の矛盾に苦しみ、ケイティも厳しい現実に追い詰められていく。一度は友情を引き裂かれながら、2人は再び前に進もうとするが――。


監督が失業者たちに聞いた無数の体験談から生み出された主人公ダニエルは、権力に立ち向かう姿と隣人との交わりを通して、絶望から人を救うものは何かを教えてくれる。


3月18日から、ヒューマントラストシネマ有楽町(東京)ほか全国順次公開。公式ホームページ(http://danielblake.jp/)。

メールで配信
週刊ニュースレター(無料)登録は
「さき、ひらく神」
みことばの黙想  4月30日
Play Now
再生できない場合は、ダウンロードしてお聞きください