熊本地震「祈りと募金を」:福岡教区

April 16, 2016
熊本地震「祈りと募金を」:福岡教区

福岡教区、祈りと募金呼び掛け

カトリック福岡教区の宮原良治司教は4月16日、同教区の信者に向けて、熊本地方を中心に続いている地震の被災者のために祈りと募金を呼び掛け、教会施設等の開放提供についても配慮するよう訴えた。同教区は福岡県、佐賀県、熊本県からなる。


福岡教区の関係者によると、ボランティアなどについては現地視察を行ったうえで対応を検討するという。


以下は宮原司教の呼び掛け文の全文:


 


福岡教区の皆様


2016年4月16日
カトリック福岡司教区
教区長 宮原 良治


 <平成28年(2016年)熊本地震>祈りと募金のお願い


 4月14日夜から現在まで、熊本県中部を中心に大地震が発生し、余震が続いております。各種報道でもご承知の通り、亡くなられた方28名、負傷された方約1500名、避難されている方多数という痛切な事態となっております。また建物、道路、山地等に甚大な被害が出ております。そして、被災されている方々は終わりの見えない余震への恐怖とこれからの事への不安の中、また初春とはいえ、朝晩の冷え込みが残る中で、不自由な避難生活を余儀なくされています。被災者の方々にお見舞い申しあげます。


福岡教区では、必要な支援を迅速に行えるよう情報の収集を行っております。


皆様には、特に主日のミサの中で、亡くなられた方々への永遠のいこいと、避難生活を余儀なくされている方々に安らぎと力が与えられ、一刻も早い復旧がなされるようお祈りください。


被災された方々の支援のための募金にご協力くださいますようお願いいたします。また地域の皆様の必要にお応えするため、教会施設等の開放提供もぜひご配慮くださいますようお願いいたします。


この困難な時にこそ、福岡教区民が心を一つにし、いつくしみ深い御父に倣い、その恵みに支えられて、被災された方々に心を寄せてまいりましょう。


募金送金先


郵便振替番号:01760-6-20729


加入者名:カトリック福岡司教区


通信欄に「熊本地震支援金」とご明記ください。


(編集部注:2016年4月22日に送金先を銀行から郵便振替口座に変更)

この記事を読んだ人は次の記事も読んでいます

「食べられるものとなられた方の思い」
みことばの黙想  6月18日
Play Now
再生できない場合は、ダウンロードしてお聞きください