国際ニュース

ベネズエラ支援訴える

全ラテンアメリカの司教たちは南米ベネズエラで起こっている暴力を非難し、数百万人が食料不足に苦しんでいる同国への人道支援の模索を地域内の全教会に呼び掛けました。

教皇、メジュゴリエに疑問

教皇、メジュゴリエに疑問 「個人的には、私はさらに疑っています」。教皇はポルトガル訪問から帰る機中での記者会見で、メジュゴリエでのマリア出現の信ぴょう性についての質問に、こう答えました。

ファティマの牧童、最年少の聖人に

ファティマの牧童、最年少の聖人に 教皇フランシスコは5月13日、ファティマで牧童2人を列聖しました。出現の目撃よりも、2人が罪びとのために祈り、主に信頼するようにとの聖母の言い付けを守ったことの方が大切だと教皇は強調。

ファティマ巡礼者と「前晩の祈り」

ファティマ巡礼者と「前晩の祈り」 教皇フランシスコは5月12日と13日、ポルトガルのファティマを訪問。12日には数十万人の巡礼者と「前晩の祈り」をささげ、主に従ったマリアの模範が最も大切だと指摘しました。

誘拐司祭の動画投稿

誘拐司祭の動画投稿 イエメンで誘拐されたインド出身のウズンナリル神父がビデオメッセージで、インド政府とカトリック教会に対して解放のためのさらなる努力を求めています。

新大統領に期待

新大統領に期待 韓国のカトリック信者たちは、ムン・ジェイン新大統領の下で、国内の一致と平等、腐敗の一掃が実現されることを期待しています。

マリアは「希望の母」

マリアは「希望の母」 “世界中の多くの母親たちと同じように、マリアは力と勇気の模範。新しい生命を受け入れ、その子どもたちの苦しみを共に担う”。教皇が強調しました。

北朝鮮と米国は「外交努力を」

北朝鮮と米国は「外交努力を」 「(取るべき)道は交渉の道で、外交解決への道です」。教皇は北朝鮮と米国の間で高まっている緊張関係には外交努力による解決が必要だと、カイロ訪問後の特別機上で記者団に語りました。

【教皇エジプト訪問】ミサで「真の信仰」説く

【教皇エジプト訪問】ミサで「真の信仰」説く エジプト訪問の2日目、教皇フランシスコは同国で少数派のカトリック共同体と共に、野外でのミサをささげました。
メールで配信
週刊ニュースレター(無料)登録は
「みなしごにしてはおかない」
みことばの黙想  5月21日
Play Now
再生できない場合は、ダウンロードしてお聞きください